www.didouonline.com

.

.


融資を受けた場合、返済自体をする時には利率を乗せた返金になるのは知っているはずです。ローン会社は収益をターゲットにした業者なのですから当然です。しかし返済する方は、少しでも少なく払いたいと考えるのが内心でしょう。利息制限法が実行される一昔前は、30%近い金利返していましたが、設けられてからは高額でも年間18%位ととっても低く設けられているので、相当良くなったと思います。現在のローンの金利の範囲は4%位から18%位の間に決められていて、利用限度額により決められます。利用上限額は申込み本人の信用によって影響します。総量制限により年収の1/3までと決められていますので、一年の収入がいくらなのか?どういった職業なのか?クレジットの利用状態はどうなのか?見られ貸付可能金額としてキャッシングサービスの内容が決まることになります。カードローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各社で内容は同じではありません)と広い枠があります。そしてその幅の中で決定した使用可能額により利息も決まります。50万円なら年18%、300万円なら年12%、800万円なら4%といった流れになります。いわば、評価が上がれば、与信金額も良くなり、金利も低いというわけです。このことに疑念を抱くのは僕だけでしょうか?銀行又は金融機関にとって、これらの事実は常識でしょうが、収入の良い人がお金の借入れができないと困ると考えずらいですし、万が一キャッシングサービスを利用した時でも利子が高かろうが低かろうが、返済に苦労する事はないのです。むしろ一年の収入良くない人は直ちにお金がほしいからキャッシングするという人が大半です。金利が高いとお金の支払いに追い込まれることになります。ですから利用可能幅の小さい人こそ低金利で利用できるようにする必要があるのではないでしょうか。この主張は使用する立場としての考えとなります。これらの事を考慮すると、利子を低くする為にはどうすれば良いのか何となく分ったでしょう。実際、これから述べる方法で、申し出をする人が多いので説明しますと、カードローンの申請をする場合、収入の1/3ぎりぎりの額まで申し込むのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。申込みの審査で全金額通ればその分だけ金利が低いキャッシングできるカードを持つことができるのです。とは言っても上限ギリギリまで使わなければならないわけではありません。1万円でも30万円でも必要な分だけ利用ができます。そして利用限度枠が300万円で最低利率年間7%位のローン業者もあるのです。その業者に手続きを申し込めばその会社の最低利率で受ける事ができます。どう感じましたか?考え方を変えるだけで低利息のクレジットカードを持参することが出来るのです。自分の年収と金融業者の金利を並べて、考える事さえ怠らなければ、より有利な契約でお金の借入れができるのですから、しっかりチェックするようにしなければなりません。